メディアづくり 広告

オウンドメディアをWEBマーケティングに活用する方法【基礎知識】

投稿日:2019年3月30日 更新日:

先日オウンドメディアの立ち上げについて記事を書きました。

記事はこちら↓
私はオウンドメディアとして「WEBメディア」の立ち上げを考えていますので、WEBマーケティングの知識は必須と考えています。企業のWEBマーケティングにおいてオウンドメディアの活用は重要だからです。
同じくWEBメディアの立ち上げを検討中の方にも参考になるように、まずはWEBマーケティングの基礎について解説していきます。

WEBマーケティングについて

f:id:USURA:20190330225700j:plain

インターネットの普及が進む中で、人々が商品検索や購入にWEBを使うことが当たり前になってきています。そこで企業もWEBマーケティングを理解して、WEB上での顧客との接点をしっかりと考えておく必要があるのです。

WEBマーケティングとは

マーケティングには様々な定義がありますが、簡単に言うと「自社の商品を売るために市場のニーズを理解し、販売を促進すること」といえます。このマーケティングをWEB上で行うことをWEBマーケティングといいます。

WEBを使うことで、集客から成約に向けた分析を詳細な数値を使い行うことができます。「誰が」、「いつ」、「なにを」、「どれだけの時間見て」、「その結果どういう行動をしたか」ということをきちんと分析することで、より効果的な施策を打つことができます。

企業にとって市場を知り、より効果的なアプローチをすることは非常に重要です。いつも同じものを同じように売っていては成長することはできないのです。

WEBマーケティングの集客施策

f:id:USURA:20190330225523j:plain

そんなWEBマーケティングには様々な集客施策があります。代表的なものを挙げておきます。

SEO(検索エンジン最適化)

SEO(Search Engine Optimization)は、検索エンジンの最適化のことです。具体的には、インターネット検索で使われる、「Google」や「Yahoo!」「Bing」などの検索エンジンで上位表示をさせるための施策のことで、主には「Google」でいかに上位表示をさせるか。という点で使われることが多いです。

費用をかけて上位表示をさせるということはできないので、良質なコンテンツを作り「Google」に認められることが大切です。

リスティング広告

費用をかけて検索時に上位表示させる広告方法です。 オークション形式の入札単価で掲載が決まります。「GoogleAdWords」などが当てはまります。

アドネットワーク広告

アドネットワークとは複数の広告枠を束ねて、ネットワーク化をして販売する会社です。これによりWEBサイトの集約と効率的な配信を行うことができます。配信先を指定することはできません。

リターゲティング広告

一度サイトを訪れた人を追跡して、その人が別の検索をした際にそのページの広告枠に広告を配信する方法です。一度離脱しても再度戻ってこれるように、リピートの効果を上げる施策です。

アフェリエイト広告

成果報酬型のインターネット広告。 商品購入や資料請求などの、最終成果またはクリックが発生した件数に応じて広告費用を支払います。基本的に広告掲載には費用がかかりません。

SNS広告

「Twitter」「Facebook」「Instagram」などのSNSに広告を出稿する方法です。セグメントをすることができるのでよりターゲットに近い層が使う媒体であれば拡散される効果が期待できます。

WEBマーケティングの接客施策

f:id:USURA:20190330225427j:plain

集客施策で集めたユーザーを離脱させないために取る施策を接客施策といいます。代表的なものは下記です。

LPO

ユーザーは主にランディングページ(LP)に誘導されてきます。ランディングページ(LP)は、商品を購入したり、予約をしてもらったりというコンバージョン(CV)を目的としています。

ここで「画面が見づらい」、「操作方法がわかりづらい」、「ページが長すぎる」といった印象を与えるとユーザーはすぐに離脱をしてしまいます。

離脱をされないためにランディングページを改善することが「LPO(ランディングページ最適化)」です。

EFO

コンバージョン(CV)に一番近いのが、メールフォームやカート(商品購入ページ)です。しかし離脱が最も多いのもこの部分だといわれています。

ですので、ここで離脱をされないために見やすさや使いやすさ、手間を極力省くことを考えて作っておくことが大切です。その改善施策を「EFO(入力フォーム最適化)」です。

WEBマーケティングの効果測定

f:id:USURA:20190330225411j:plain

集客をして、接客施策を行ったとしても、その結果を計測して改善を続けなければ成果を上げ続けることはできません。そこで以下のような分析を行う必要があります。

アクセス解析

WEBページに「どのくらいの人が来たか」、「どのくらいの時間滞在をしたか」、「どのような行動をとったか」、などを集計して次にとる施策を考えていくことです。

WEBサイトの課題を洗い出し、コンバージョン(CV)を上げていくために必ず行う施策です。無料で多くの企業が導入している「Googleアナリティクス」が有名です。

ABテスト

広告を配信しているバナーに問題がないかを検証することも大切です。パッと見ただけで、いい印象を与えて興味を持ってもらうのは非常に難しいことです。

文言やデザインでより効果的なのはどれかを何パターンも検証して、より良い反応を探っていくことを「ABテスト」といいます。

まとめ

今回は、オウンドメディアを「WEBマーケティング」に活用するために、そもそも「WEBマーケティング」がどういったものかをまとめました。WEBを使い、市場を攻略して自社の商品を販売するために、「集客・接客改善・効果測定」を繰り返して効果を高めていくことが重要です。

本日は以上です。

次回は具体的にオウンドメディアをWEBマーケティングに活用する方法を解説します。
ありがとうございました

-メディアづくり, 広告

Copyright© ムームーダンスが来なければ , 2019 All Rights Reserved.